スワンナプーム空港で食事をするなら「マジックフードポイント」がオススメ!

スワンナプーム空港 マジックフードコート

2017年6月20日成田空港17:25発 – バンコク21:55着予定のTG677便に乗り、ほぼ予定通りの時間にスワンナプーム国際空港に到着しました。

もぉ〜お、2年ぶりのタイが嬉しくて嬉しくて!(タイは5回目)

そんなにお腹が空いていないにも関わらず、前々から行ってみたかった空港内の「マジックフードポイント」(フードコート)を探すことに。

今まで空港内なら、日本帰国前に3Fにあるレストラン、カフェを利用していました。

でも3Fのレストラン街は市内と比べると料金が格段に高いし、ワサワサして落ち着かなかったのですよねー

「ラウンジ使えばいいじゃん」と思っている方!

ラウンジなんて、私にはまだまだ遠い夢なのですよー

んで色々な方のブログを読ませていただいているうち、スワンナプーム空港内に現地価格のフードコートがあることを知って、今回行ってみました。

1Fのマジックフードポイント(食堂)は、タイそのもの

フードコートの場所は、1Fにあります。

レストランに行きたい方にはオススメしませんが、タイらしさが感じられる食堂です。

端っこの方であまり目立たない感じですが、嬉しい24時間営業!

味も雰囲気も値段も市内とそう変わらないところが「タイらしさ」を感じるんですよね。

観光客の待ち合わせ場所になっているのか、入り口のあたりは大陸系の人がいっぱいいました。

この食堂には空港内職員や、各航空会社のクルーの方達もやってきます。

社員食堂みたいな感じかな?

でも混んでいる時はワサワサしているので、その点は3Fとどっこいどっこいかな?

スワンナプーム空港 フードコート
地図:スワンナプーム国際空港(PDF) – タイ国政府観光庁よりお借りしました
↑このPDFは、タイ国内線乗り継ぎについても記載してあって便利です

スワンナプーム空港 マジックフードコート
「Magic food point」

遠くからこの看板が見えてまっしぐらに向かいました。

入り口に入って左手すぐのカウンターでクーポンを購入。

店内のお店で金額分のクーポンと食べ物を交換します。

私たちは前回のタイ旅行で残ったタイバーツを持っていたのですが、ここのカウンターでドルや円が使えるかは確認できていません。

(何となく無理っぽい感じがします)

食後に余ったクーポンは、またカウンターに持ってくるとお姉さんが現金と換えてくれます。

MEMO

フードコートに入る前に地下の両替屋さん(数軒あります)で両替しておくと便利。レートも良くてオススメです。

日本の空港で両替して来るのは、レートが悪すぎてもったいないです。

空港地下の両替屋さんの記事はこちら↓
スワンナプーム空港両替3 【2017年6月版】スワンナプーム空港で両替するならお得な地下で

フードコート内に入るとたくさんのお店がズラーっと並んでいて「タイに来たなー!」とワクワクします。

この時、多分23時頃だったと思います。

時間帯のせいか、それほど混んでいませんでした。

スワンナプーム空港 マジックフードコート0

お店をぐるぐる見て回ります。

食べたいものが決まったら、お店のお姉さんに指差しで注文するか、写真に番号が振ってあるので、その番号でオーダーします。

スワンナプーム空港 マジックフードコート2

↑左の布がある所は、昼間は何かのお店やさんがあったのかも知れません。

スワンナプーム空港 マジックフードコート3

一食35バーツから70バーツ(約120円〜245円)くらい。市内と変わりません。

(1バーツ=3.5円で計算)

スワンナプーム空港 マジックフードコート4

ショーケースの中に見本がたくさんあって、ホント迷ってしまいます。

スワンナプーム空港 マジックフードコート5

指差しで注文できるので言葉の心配もナシ♪

スワンナプーム空港 マジックフードコート6

お粥、麺、ご飯もの・・・色々なお店があるので、決めるまでに時間がかかってしまう・・・

ここに来る前にある程度「麺類にしよう」とか決めておいた方が良いかもですね。

あと現地の人が並んでいるお店も美味しさの太鼓判で「狙い目」です。

スワンナプーム空港 マジックフードコート7

カオマンガイ屋さんもあります。蒸し鶏と揚げ鶏の「Mix」は、両方楽しめておすすめ。

スワンナプーム空港 マジックフードコート8

フードコート奥にはタイスイーツコーナーも。お姉さんは疲れちゃったのかお休み中です。

スワンナプーム空港 マジックフードコート9

ココナッツや豆、フルーツを使ったタイならではのデザート類。

スワンナプーム空港 マジックフードコート10

お粥と麺のお店。

magic food point

迷ってばかりでキリがないので、今回はこちらの麺を注文してみました。

60バーツ(約210円)です。

卵をつけると、プラス10バーツみたいです。

スワンナプーム空港 マジックフードコート11

食器類は専用のコーナーから選び、熱湯にくぐらせて使います。

このシステム良いですね。

スワンナプーム空港 マジックフードコート12

注文した麺です。スープの色は濃いけれど、味はそれほど濃くなくてまぁまぁ。

でも麺が「センミー」という一番細い麺で、好みではなかったことに後から気づきました。

タイでは麺の種類がいくつかあって、自分好みの麺を指定できるのですよね。

久しぶりのタイでうっかりしていました。

それと写真を撮り忘れたのですが、ここでは食事だけじゃなくお茶だけでも利用できます。

コーヒー類からフルーツスムージー、アイス等々・・・

スイカのスムージーは、タイのどこで注文しても本当に美味しくて大好きです。

この食堂なら、ちょっとお茶したいという時もタイの街中の雰囲気を感じながら、市内と同じくらいの値段で楽しめちゃいます。

食事を終えたら、トレーはそのままで退席してOKです。

掃除の方が片付けてくれます。(ありがたい)

【要注意!】クーポンは金額通りか、ちゃんと確認しよう!

スワンナプーム空港 マジックフードコート チケット1

さて、今回初めての利用で「少ない額のクーポンを渡される」という、ちょっぴり残念なことがありました。

こちらがカウンターで現金と交換したクーポン。

10バーツ、5バーツ券の組み合わせで、1人100バーツ分あるはず。

この時は2人分お願いして、100バーツ分のクーポンを2セット貰いました。

食事を終えて、残ったクーポンをカウンターで現金に換えようとした時に「んっっ?!」と異変に気づきました。

私たち二人とも60バーツのご飯を食べたのです。

200(クーポン)-120(ご飯代)=余り80バーツ

のはずなのに、40バーツしか残ってない・・・

スワンナプーム空港 マジックフードコート クーポン
↑残ったクーポン

どうやら最初から少ない額のクーポンを渡されていたようです。

1セットをホチキス止めして渡されたので、そのまま中身を確認しませんでした。

この時間帯だからなのか、たまたまなのか分かりません。

でもクーポン2冊ともこんなに少ないって、ほぼ確信犯でしょーって感じです。

金額だけ見ればたいしたことないんですよー(日本円で140円くらい)

でも、なんだか騙された感があって、悔しかったです!

今回のタイ旅行で合計3回、このマジックフードポイントを利用したのですが、あとの2回はカウンターでクーポンを貰った時に、即その場で中身を確認するようにしました。

(あとの2回は金額通りで不正?はありませんでした)

スワンナプーム空港 マジックフードコート チケット2
  • ちょっとの額をごまかそうとする(それとも計算が苦手なのか?)
  • シレッとやってくる
  • ペロッと舌を出して悪びれない

こんなことは日常でよく起こる「タイあるある」です。

でもこうゆうところも「タイらしい」と妙に受け入れてしまえるところがまた「タイマジック?」でもあります。

これから「マジックフードポイント」を利用する際は、最初にクーポンが金額通りあるか確認することをおすすめします。

またチケットを使う時は、束ごと渡さず、金額分を自分で渡しましょう。

MEMO
「どのお店にしようかなー?」と店内を回っている最中の盗難防止に、スーツケースとイスをワイヤー錠で繋いでおくことをオススメします。

【さらに要注意!】BTSを使う人は、終電に気をつけて!

ところで、私たちは空港からの移動は空港から市内行きの「エアポートレイルリンク」を使うことが多いのですが、、、。

(電車に乗りたいのと、タクシーに乗りたくないのとで)

今回もエアポートレイルリンクで最終駅の「パヤタイ駅」からBTSに乗り換えて市内のホテルに行くつもりでした。

が、時間のことなんて頭になくて悠長にご飯を食べているうちに、BTSパヤタイ駅の終電を逃してしまいました。

未だに「なんで時間のこと気にしてなかったんだろう・・・」と自分たちの行動が謎です。

多分タイに着いた嬉しさでテンションが上がってたんでしょうね。。

食事の後は、地階に降りてタイバーツの両替、そして電車で市内へ向かいます。

前述した通り、エアポートレイルリンク(電車)でパヤタイ駅まで行けても、その先のBTS線はもう動いていません。

ホテルは、プロンポンで予約してあります。

タクシー(それも夜中)なんて特に乗りたくないーーー

結局、Uber(自動配車アプリ)を使いました。

次回はその時の話しをしますね。

つづく・・・