海外で使えるおすすめのsimフリースマホ(Oppo R15 Neo)とsimカードのセット方法(フランス編)

sim free mobile

海外旅行用simフリースマホを持って行こうかな。。?
どんなのがオススメ?

それにsimカードってどうやってセットするの?」

という方向けの記事です。

今回は、私がパリ旅行用に購入したsimフリースマホについて記します。

(複数台のスマホ比較ではありません)

少しでもご参考になればうれしいです。

iPhoneは盗まれたらツライ・・・

私は普段simフリースマホのiPhoneを使っています。

simカードをさせばすぐ使えるのですが、「スリ」が怖くて現地パリであまり表に出したくない・・・

とは言え、旅行中の電車乗り換えや市内の地図、調べ物などスマホは欠かせません。

初めてのパリ旅行で調べれば調べるほど(?)、スリ、置き引き、盗難情報の多さにおののいていました・・・

 

動画を何本も見て、恐怖感増大・・・

だ、大丈夫だろうか。。。

胃が痛い人

【動画】パリのスリ集団

パリの地下鉄でスリ集団を撮った動画があったので貼っておきます。

子供たちが獲物を狙っている姿。。。怖いです。。。

うっかりしていると、簡単に持って行かれちゃいそうですね。

こういう動画をいくつも見てしまい・・・

最悪盗まれても、あきらめられるsimフリースマホを新しく用意することにしたのです。

IIJmio(アイアイジェイミオ)でOppo R15 NEOを購入

まずスマホですが、今回は端末の種類がたくさんあるIIJmioで購入しました。

iijmio 端末

上記ページの「端末・セット」から探せます。

OPPO R15 NEO

サイズと重さ

高さ156.2mm
75.6mm
厚み8.2mm
重さ約168g

Oppo R15 Neoを選んだポイント、良い点、いまいちな点

個人的に使ってみて感じたところを書いてみます。

Oppo R15 Neoを選んだポイント
  1. 背面デザインの美しさ、6.2インチの大画面
  2. 大容量バッテリー(4,230mAh:連続16時間の電池持ち)
  3. 64GB(アプリを気にせず入れられる)
良かったところ
  1. スマホケースがついてくる(透明片面タイプ)
  2. SIMピンもついてくる
  3. 画面フィルムが貼ってある
  4. 幅が気持ち細くて持ちやすい
  5. simカードを2枚使える(+microSDカード1枚)
  6. カメラに入っている画像加工が面白い(後述)
  7. 動作がキビキビしていて使いやすい
いまいちだったところ
  1. 約168gという重さが少し気になった
  2. スマホケースにストラップ用の穴がない(今回は防犯上欲しかった)

Oppo R15 Neo お気に入りの機能

女子が好きそうな画像加工

アプリを入れなくても、カメラの中におもしろカワイく加工してくれる機能が入っていました。

oppo R15 Neo カメラ機能

カメラ→「ステッカー」を選ぶと上記の画面に変わります。

↑黄色い枠の他に、まだまだたくさんの種類があります。

美肌機能のビューティーエフェクトも最大6段階まであって、上記の画像は最強の6にした肌加工です。

ほうれい線もシワもくすみも消えて、めちゃめちゃ美肌に・笑

いい歳して楽しむ私・・・

oppo R15 Neoカメラ機能

1段目左のバスケットボールの写真の帽子とサロペットの写真なんかは自動で大きさ調整してくれているようです。(すごい!)

あとシャボン玉とか、花嫁のヴェール、ぐるぐる回る目とか単純に面白い!

思わず笑顔に。。。

色味調整もフィルム調の色彩加工がついているので、思った以上に使えます。

背景ぼかしができるスマホ

あとは画像の背景ぼかしも効いてます。


外側のカメラには、デュアルレンズ(1,300万画素 + 200万画素)と、AIポートレートモードが使われていて簡単に雰囲気のあるボケ写真が撮れます。

「ポートレート」モードにして、手前のものにピントを合わせれば勝手に後ろがボケてくれる写真↓

oppo R15 Neo 背景ボケ

旅行中の人物、食事、小物などの撮影を引き立たせてくれますね。

スマホにOrangeのsimカードをセット

※SIMカードの詳しい記事はコチラ↓
paris orange sim フランス出発前にOrangeのsimカードを用意しておいて良かった話

Oppo R15 Neoのsimサイズは「nano」です

paris orange sim
中に入っているsimカードを切り抜きます。
orange nano sim
Oppo R15 Neoは「ナノsim」一番小さいサイズです。

トレーの引き出し方

電源をオフにしてから、トレーを引き出しましょう。

sim-pin
スマホの横にある穴にさします
sim-pin
SIMピンがない時はクリップでも代用できました
sim-tray
トレーがピョコっと出てくるので指で引き出します
sim-tray

トレーにOrange simカードを乗せたところです。

このままトレーを元に戻して電源をオフにしたまま飛行機に乗りました。


CDG空港に着いたらすぐ開通しました

シャルルドゴール空港に到着して電源を入れるとOrangeからSMSメッセージが届き、すぐ開通!

paris orange sim mobile message


日本にいる家族に「着いたよ〜!」の電話や、これから泊まるアパルトマンのスタッフにも電話ができました。

フランスから日本への電話のかけ方

例)03-1234-5678の場合

国際識別番号(00)+ 日本の国番号(81)+ 市外局番の最初のゼロを除いた相手先の番号

0081-3-1234-5678

(携帯の場合は、0081-90-1234-5678)

日本からフランスへの電話のかけ方

例)06 12 34 56 78の場合

国際識別番号(010)+ フランスの国番号(33)+ 市外局番の最初のゼロを除いた相手先の番号

010-33-6-12-34-56-78

注意
お使いの電話会社により、010の前に数字が加わる場合があります。
ご利用の電話会社にお問い合わせください。

フランス国内からフランス国内への電話のかけ方

10桁の電話番号をそのままダイヤルします。

simカード残高の確認方法

#123# でsimカードの残高確認ができます(無料)

海外で使えるおすすめのsimフリースマホまとめ

まとめポイント
  1. R15 Neoのカメラ機能は女子のテンションを上げてくれる
  2. 高価なiPhoneを持参するより、防犯用スマホでストレス軽減できた
  3. 次の旅行でも使えるのでsimフリースマホは1台あると便利

Oppoはよく知らないメーカーだったけどR15 Neoを選んで個人的に正解でした。

 

ほんのちょっと重さを感じるシーンもあったのですが、女性の手でも操作しやすいサイズだと思います。

何と言ってもカメラ機能がめちゃ面白いです。

Oppo R15 Neo詳しくはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です